転職コラム

営業をやめてよかった|営業職からの転職者が語る変化とは?

更新日:

営業をやめてよかった

私は営業職をやめて、今はマーケティング職としてサラリーマンをしています。 

いわゆる、職種を変える「キャリアチェンジ転職」をしました。 

「営業をやめたい」という人は結構多く、世の中一般的に言って営業職は人気のない職種と言えるかもしれません。 

私は「営業は向いていない」と思っていましたが、実はそこまで営業が嫌いというわけではありませんでした。 

実際、営業職で学んだことも多くあり、営業職時代に培われた知識・スキル・経験は現在の私の強みの一つになっていると思っています。 

一方で、「営業を経験しておいてよかった」とは思いますが、営業を続けることなく「営業をやめてよかった」というのが率直な感想です。 

今回は、私が営業をやめてよかったことをご紹介したいと思いますので、キャリアステップを考える上での参考にしていただければと思います。 

 

営業職をやめて年収があがった 

私が営業をやめてよかったと思うことはいくつかありますが、まず年収がアップしたというのは一つ大きな理由です。 

約6年間の営業職の最終年収は428万円でしたが、今では年収が1000万円を超えています。 

営業をやめたことと年収アップは関係ないのでは? 

たまたま運がよかっただけでは? 

と思われる方もいるかもしれませんが、私はそうは思っていません。 

なぜなら、私は自分にとって、“好きで興味があり、かつ自分の強みを発揮できる適正のある職種”に転職したと思っているからです。 

単純に営業が嫌でやめたのではなく、自分の適正にピタッと合った職種に転職したという視点からみれば、中長期的には高確率で年収を上げることができると思っています。 

もちろん、年収を上げるためには年収レンジの高い業界・企業を選ぶことも合わせて重要です。 

年収1000万高年収企業への転職
年収1000万円以上を狙う転職|高年収企業・業界への転職のポイントは?

私はこれまでで3回の転職、グループ企業内の出向も含めると6つの会社に所属した経験があります。  中小企業の営業職としてキあャリアをスタートし、最も大きい企業ではグループの従業員が1万人を超える大企業に ...

続きを見る

私は、短期的にも年収をアップさせたかったので、年収の高い企業をピンポイントで狙い撃ちをして転職をしました。 

このサイトでは「やりたい仕事(好きな仕事・得意な仕事)」をして、年収をアップさせるための考え方やコツを紹介しています。 

営業をやめるときに、なんでもいいから転職できるところに転職するのではなく、「自分が好きなこと」「自分が得意なこと」にフォーカスすることが最も重要です。 

自分の適正に合った仕事をすれば、パフォーマンスが上がる。 

パフォーマンスが上がれば、報酬がアップする。 

そうやって、相乗効果のサイクルにキャリアパスを乗せていくことが、キャリア構築のポイントだと思っています。 

長期的には年収にも必ず跳ね返ってくることを信じ、自分のやりたいことをやりましょう 

 

営業をやめて仕事のやりがいがアップした 

「営業は向いていない」と思っていたので、自分の中では自分の強みを発揮しきれていない、不完全燃焼感を常に感じていました。 

サッカー選手が、野球の試合に出ているもどかしさのような感覚、「違うフィールドならもっと自分はできるはず」という悔しさも混じったもどかしさを今でも覚えています。 

「適職」だと信じられることを自分の仕事にできることは、それだけで大きな価値があり、幸せなことだと思います。 

自分の強みをフルに使って、自分の会社やクライアントに対して貢献できているという感覚、充足感。 

営業をやめて、自分の適正にあった職種にキャリアチェンジできたことは、仕事のやりがいを大幅にアップさせてくれました。 

自分の存在価値を最大化できている感覚が大事だと思います 

 

やる気やモチベーションについて考えなくなった 

私は元々心理学が好きだったこともあり、やる気やモチベーションをどうやったら高めることができるのかを、営業職の当時は考えていたように思います。 

「営業が向いていない」ため、何もしなければ、やる気もモチベーションも低い状態になります。 

営業目標を達成していくためには、低下しているモチベーションを鼓舞し続ける必要があったのです。 

ところが、マーケティングの仕事のコアである“ターゲット(顧客)のインサイト”や“人の心を動かす仕掛け”について考えることは、私は元々好きなことなので無意識のうちに勝手に考えています。 

もちろん気合を入れて企画書や提案書を作成することはありますが、モチベーションが上がらないということはほとんどありません。 

それは仕事中に限ったことではなく、街を散歩したり、何気なくテレビを見ているときも、いつも自然と考えて“しまう”状態です。 

それを「心地よい」「楽しい」と感じられることは、自分の職種の適正にあっていることなのだと思います。 

やる気が出ないことに悩み、自分自身をどうやってセルフモチベートするかを考えているようであれば、キャリアチェンジを考えた方がいいのかもしれません。 

ゆるく週末も常にONの状態ですが、好きなことだと全く苦になりません 

 

働き方の自由度があがった 

私はできるだけ無駄なことはしたくない、効率的に働きたい、自分のペースで仕事を組み立てたいと考えている人間なので、営業をやめることで働き方の自由度があがりました。 

営業時代はどうしても調整ごとが多く、私一人では完結できない仕事も多くなりがちです。 

深夜、土日も同僚やクライアントと連絡を取らなくてはならないことが多くありました。 

また、営業職の頃は外出が多く移動時間も長くなることもあり、一日中外にいなくてはならないこともしばしば。 

それでも社に帰り、見積もりや提案書を作ったりしなくてはならないこともあるので、一日のスケジュールを自分でデザインすることができません。 

今の仕事はもちろん社内外の打ち合わせもありますが、もっとも基本的な作業は「一人作業」です。 

主に、調べる、分析する、考える、資料作成が、私の仕事のコア業務。 

そのため、時間や場所に制限されません。 

会社にもよりますが、今の私の仕事は、事前にコミットした納期に一定以上のアウトプットを出していれば、どこでどのように仕事をしていようが文句は言われることはありません。 

私は、少し考えを広げたいと思うときはオフィスから街に繰り出し散歩をし、集中してものごとを考えたいときはカフェにノートを持ち込み一人で仕事をしています。 

自分の仕事は自分でデザインできるのは、私の性格に合っているようです。 

よく服装なども自由度の一つしてあげられます。私としてはタイムマネジメントの主導権を自分で持つことができる方がメリットは大きいです 

 

仕事のストレスがかなり減った 

多くの元営業職の方も指摘しているように、ストレスが減ったことも営業をやめてよかったことの理由の一つです。 

ただ、もちろん仕事をしている以上、どんな仕事でもストレスはあります。 

私としては、ストレスの種類が変わったことが大きなメリットではないかと感じています。 

営業職のストレス

ノルマや営業数字のプレッシャー 

厳しい顧客からの要求 

上司からの詰め・圧力 

拘束時間が長い・自由に時間をコントロールできない 

売りたくないものを売らなくてはならないことがある 

マーケティング職のストレス

高品質のアウトプットを求められる 

常に最新の情報をアップデートしておく必要がある 

営業からの無茶な要求をされることがある 

どんな仕事でも誰かの仕事をする以上、対人関係の問題は起こりえます。 

それでも、直接顧客と向き合っている営業が一番ストレスを感じることは間違いないでしょう。 

また、これは個人的な意見ですが、営業職の上司の方がマーケティング職の上司よりもパワータイプの人が多く、ストレスを感じることが多い傾向にあると思います。 

一方で現在の職種の主なストレスは、対人関係のストレスではなく、仕事のクオリティへのプレッシャーであり仕事に向き合う上で健全なストレスだと捉えています。 

 

サザエさん症候群がなくなった 

日曜日の夕方から夜になるにつれて明日からの一週間のことを思い憂鬱になる感覚。 

いわゆる「サザエさん症候群」 

営業時代は日頃のストレスからよくこの気持を感じていました。 

週の始まりに、今週の動きを確認し士気を高めるために、営業会議を月曜日の午前中に入れる会社も多いでしょう。 

未達であったり、目標達成の見込みからビハインドしているときに、詰められたことも今となっては笑い話にもできますが、当時は本当に胃が締め付けられるような思いをよくしていました。 

今ではすっかりそういう感覚はないので、休日もフルに楽しむことができています。 

営業職をやめてストレスが減ったと感じる人がほとんどだと思います

 

営業をやめたいと思っている人へ 

このサイトでは、私自身の営業職からの職種転換の経験をベースとして、キャリアチェンジ転職の考え方やコツを紹介しています。 

「営業をやめたい」と思ってこのページにたどり着いた方は、ぜひ他のページもご覧いただければ何か参考にしていただける情報があるかもしれません。 

また、キャリアチェンジ転職は通常よりも精度の高い情報が必要になるので、転職エージェントの活用が推奨されます。

職種転換にフォーカスしたときの転職エージェントの選び方・おすすめエージェントはこちらでまとめていますのでご確認ください

 

営業をやめてよかったと心の底から言えるようになるために 

この記事を書きながら、改めて私は営業をやめてよかったと思いました。 

ただ、私が営業をやめてよかったと思えるのは、営業が辛かったからというよりは、「自分には営業よりも向いている、やりたい仕事がある」と思ったからだと思います。 

もしそうでなければ、仕事にやりがいを今以上の感じることも、満足のいく年収を獲得することもできなかったかもしれません。 

営業をやめたいと思っている方も、実際に営業をやめる前には「自分が本当にやりたいこと・やるべきこと」は何なのかをはっきりさせてから転職されることをおすすめします。 

  • この記事を書いた人

BON

転職経験3回の年収1200万のサラリーマン

営業職から職種を変えるキャリアチェンジ転職を経験し現在はマーケティング職に従事。

「やりたい仕事」「年収をアップ」を実現することがモットーです。

詳しいプロフィールはこちら

RECOMMEND

営業を辞める転職 1

私は営業職を約6年間経験してから、異業種、異職種への転職を経験しています。  いわゆる、営業を辞める転職=キャリアチェンジ転職です。  現在は、自分がやりたかったマーケティングの仕事で、年収1000万 ...

30代転職おすすめサイト 2

私はこれまで出向も含めると6つの会社を経験しています。  30代でも転職をしていますが、そのときは約800万円から約900万円と100万円以上の年収アップに成功しました。  その後順調にキャリアアップ ...

年収1000万高年収企業への転職 3

私はこれまでで3回の転職、グループ企業内の出向も含めると6つの会社に所属した経験があります。  中小企業の営業職としてキあャリアをスタートし、最も大きい企業ではグループの従業員が1万人を超える大企業に ...

好きなことの見つけ方 4

先日こんなポストがFacebookで回ってきました。 いつの間にか「好きなことをしていい」時代から、「好きなことをしないと豊かになれない」時代に変わった。 このポストでは「好きなことをしないと、稼げる ...

20代転職おすすめサイト 5

私はこれまで同企業グループの出向も含めて6つの会社を経験しています。  20代で2回転職していますが、2回目の転職時は400万円から550万円の年収アップに成功しました。  現在はその後順調にキャリア ...

自分の強みの見つけ方 6

このサイトでは「やりたい仕事」×「年収アップの実現」をすることを一つの目標にキャリアについて考えるトピックを紹介しています。 今回はサイトのコンセプトのど真ん中ともいえる「自己分析」の話です。 他の記 ...

海外駐在の年収-給料 7

このサイトの大きなテーマでもある「年収をアップさせる」転職。 このテーマにおいて避けて通れないのが、海外赴任・海外駐在員という選択肢です。 私自身は留学経験もなしで、もちろん英語もダメ。 中小企業の営 ...

-転職コラム

Copyright© キャリアチェンジ転職 , 2019 All Rights Reserved.